強度の高い丈夫なクラフト封筒

一般的によく使われている茶色い封筒はクラフト紙で作られています。

封筒以外にも紙袋などによく使用されるクラフト紙ですが、
大きく分けると濃い茶色の「未晒クラフト」、明るい茶色の「半晒クラフト」、白い「晒クラフト」
上記の3種類に分類されます。
同じクラフト紙ですが、こうして種類わけされている理由はご存知でしょうか。

実は一般的な茶封筒の明るい茶色のクラフト紙は紙が晒された、つまり漂白された後の色味です。
晒された度合いによって色と名前が変わってきます。
名前も、「未だ晒していない→色が濃い」未晒クラフト紙、
「半分晒してある→色が薄い」半晒クラフト紙、
「完全に晒してある→白い」晒クラフト紙というように変化していきます。

クラフト紙については、封筒で使用できる紙-クラフトでも詳しく解説しています。


未晒のクラフト封筒イメージ

クラフト紙といえば、やはり丈夫だというイメージをお持ちの方も多いでしょう。
紙は晒していくほど弱くなっていくので、
クラフト紙の中でも、晒していない未晒クラフト紙は最も丈夫に出来ています。

封筒屋どっとこむではもちろんどのクラフト紙からでも封筒を作成出来ますが、
用途にあわせて素材を変更するもの良いかもしれませんね。
丈夫さを持ち合わせながらも、普通の茶封筒より少しオシャレに見える未晒クラフト紙は、
まさに封筒に加工するのにぴったりだといえます。

普通の封筒も作成可能ですが、丈夫さを活かして、マチを付けるのも良いかもしれません。
マチ付き封筒にはお揃いの色味の丸タックを加工すると、統一感が出て、より綺麗に見えますよ。

全面に印刷をする予定だけど、丈夫さが欲しい、というときには白色の晒クラフト紙がオススメです。
紙の色が白なので、印刷が綺麗に映える上、クラフト紙ならではの丈夫な封筒が作成可能です。

いつも使っている事務用封筒に合わせて特殊なサイズの封筒を作りたい!というときには
半晒クラフトでオリジナルの茶封筒を作成するのも良いでしょう。
同じデザインや用紙で封筒をそろえると、企業としての印象が統一されて、
お客様に覚えてもらいやすくなる足掛かりになりますね。

クラフト紙にはまだまだ種類があり、筋入りクラフトや、
片艶晒クラフトなど、艶があるクラフト紙も封筒に人気です。
とくに片艶晒クラフトにつきましては、小物の商品のパッケージにご利用いただいたり、
寺社仏閣のお守りやお札用の封筒素材としても人気がございます。

サイズや印刷などお客様のご要望にお応えした封筒をお作りしている
封筒屋どっとこむで、過去製作したクラフト封筒はこちらから。