海外の封筒のサイズと郵便規則

日本の封筒は、長形4号や洋形2号、あるいは角形3号など、
長形、洋形、角形という名前がついています。
ただし、海外ではこれらのサイズの封筒は使われません。
国際規格で定められた封筒の名称は、『Cシリーズ』で統一されています。

A0やB1の紙を折らずに入れられるC0ともなると、
917ミリ×1297ミリとポスターも楽々はいる大きさですが、
最も小さいC10は28ミリ×40ミリと極小サイズです。
日本の封筒より、大きさに幅がありますね。

また、海外に送る国際郵便に関する郵便規則も、国内のそれとやや異なります。
航空郵便に使用する封筒は、
四辺に赤・青・白のトリコロールカラーが入った封筒を使うよう定められています。
「PAR AVION」と書かれたステッカーを貼ることも、郵便規則のひとつです。

海外に送る郵便は、国内よりもコストが掛かります。
そのため、封筒自体にも軽さが求められます。

国際郵便に慣れていない方には、日本の事情と違った海外用の封筒サイズにしても、
郵便規則にしても、分からないことだらけでしょう。

そんなときは、封筒屋どっとこむにご相談下さい。
お客様のニーズに合った封筒を、お選びいたします。