原稿袋の作成

出版社をはじめ、原稿を取り扱う機会のあるお仕事をされている方は多いと思います。
原稿を持ち運んだり保管をしたりする際にはよく封筒などをお使いになりますよね。

原稿を入れるとなると、大きなサイズのものでも折らずにそのまま入れられる大きさの封筒が必要です。
もちろん市販の封筒でも原稿が入る大きなサイズのものはありますが、オリジナルの原稿袋を作成し、
会社で統一して使用した方が管理もしやすいのではないでしょうか。

私ども封筒専門店封筒屋どっとこむでは、既製サイズの封筒への社名の印刷などといった簡単なものから、
大きさや形、用紙、加工など全てをお客様の要望に合わせてお作りするオーダーメイド封筒まで、
様々な封筒をお作りしていますので、原稿袋の作成ももちろんお受けしております。

たとえば2切判の大型袋は、大きさが435mm × 570mmのふたのないタイプとなっており、
B3サイズをそのままの状態で入れることができますので、
原稿はもちろんフィルムや版下を入れる事も可能です。

また汚れや破損が心配な場合には、強度のある用紙を使用したり、
防水加工を施したりすることもできますし、
扱う原稿に合わせて大きさや形もお好みのものにすることができます。
原稿袋の作成の際にはまずはお客様のご希望をお聞かせ下さい。

原稿袋の作成はもちろん、オリジナル封筒が御入用の際には
ぜひ封筒専門店封筒屋どっとこむをご利用頂ければ幸いです。

大型封筒についてはこちらからご確認していただけます