マチ付き封筒

封筒の側面にマチ(厚み)が付いている封筒をマチ付封筒と呼びます。
一般的な封筒は厚みがあるものを入れるには適しておらず、封がしにくかったり、下手をすると封筒の紙が破れて中身が飛び出してしまうこともあります。
厚みがあるものを入れる際は、マチ付封筒が安心です。

商品のパッケージとして

Tシャツや靴下など、厚みがある商品のパッケージとしてマチ付封筒を利用する事も可能です。商品のイメージに合った紙を使用したり、窓から商品が見える様にしたりと、仕様を工夫する事で訴求力アップに貢献します。

マルタックにつきまして

書類など、物を保存するためには何度も開け閉めできる必要があります。
それを可能にするのがマルタック(玉ひも)です。丸い台紙をフタと封筒本体に取り付けて、紐をくるくると回して留める事により、封筒を破ることなく何度も開け閉めができます。以前は用途目的で使用される事が多かったですが、そのレトロな雰囲気から、最近ではデザインの一部として取り入れる方もいらっしゃいます。

マチ幅につきまして

マチ部分を折りこむ際、幅が狭いと折りこめないため、基本的にはマチ幅が25mm程度ないと加工が難しくなります。厚さ10mmの物を入れる場合は、マチ付ではなく一般的な封筒を一回り大きくする事をおすすめしております。

既製品封筒

当店で取り扱っているマチ付封筒をご案内いたします。

既製品印刷の注意点

保存袋は1色~フルカラー印刷まで可能ですが、通常の封筒に比べると印刷範囲に制限がございます。詳しい印刷範囲については「既製品のマチ付封筒印刷」のページをご参照ください。

宅配袋の既製品への印刷はいたしかねます。紙を仕入れて一から作成する特注製作となります。

マチ付き封筒の作品事例

お見積のご案内

  • カスタマイズ見積依頼

    既製にないサイズや紙をご希望の際は、一度お見積をご依頼ください。下記フォームより封筒の仕上り図を見ながら、お見積をご依頼いただけます。お見積は無料でお送りしております。

  • その他お問い合わせ

    その他、ご不明点等はお問い合わせフォームをご利用ください。