特色・フルカラー印刷

当店では定番のフルカラー印刷から特定のインクで印刷する特色印刷まで幅広い印刷方式に対応しています。

フルカラー印刷

フルカラー印刷とは、4原色である「C(シアン)M(マゼンタ)Y(イエロー)K(ブラック)」のプロセスインクを掛け合わせて、様々な色を表現する印刷です。

インクを混ぜて色の表現をするのではなく、上記4色を小さな点(=網点)で印刷し、それぞれの点の重なる密度差で、色相と彩度を表現します。

シアンC
マゼンタM
イエローY
ブラックK
フルカラー印刷ご注意

CMYKのデータをお作りください。( RGBでなくCMYKで色指定をしてください。)
当店では、お送り頂いた見本を元にしたフルカラーでのデータ作成は致しかねます。

特色印刷

特色印刷とは、目的の色に合わせ特別に調合(練り合わせ)されたインクを使用する印刷です。
1色、2色、3色印刷では、CMYKの4色を使用するフルカラー印刷に比べコストを抑えることが可能なため、特色印刷がオススメです。

金、銀色などのメタリックカラーや蛍光色などは、通常色2色分のお値段となりますのでご注意ください

なお、特色印刷はその都度、希望の色(見本と同じ色)に合わせたインクの調合が必要であり、また、紙質や紙色により色の見え方が異なるため、実際に印刷してみるまでは正確な色が再現できるか分からないという問題があります。
そのため、いかに指定された色目に近づけるようにインクを練り混ぜてゆくか、長年培ってきた職人の経験と勘が必要となります。

特色印刷の色指定方法

言葉や文字による色の指定は、指定する人の主観の占める割合が大きく、指定する側とそれを受け取る側とで想定する色が異なる場合があります。

例えば、一言で「青」と言っても、緑に近い青なのか、水色に近い青なのか、紺色に近い青なのか、人によって微妙にイメージが異なります。
「紺色に近い青」と、もう少し具体的にイメージを伝えたとしても、「どの程度紺色に近いのか?」という疑問が出てきます。

そこで、正確な希望色を伝えるため、客観的な色指定を用います。
客観的な色指定方法には、下記の方法があります。

DICカラーガイドの番号で指定する

印刷で通常使用される特色は、番号を割り振られたカラーガイドとして管理されています。
DICカラーガイドの見本帳、またはチップよりご希望色を選び、その色に割り振られた番号をお伝え下さい。

色見本を送る

ご希望の色で印刷された印刷物をお送りください。その色見本に可能な限り近い色で印刷します。

上記方法を用い、指定する側と受け取る側の間のイメージの相違をなくすことで、より希望に近い色の特色印刷が可能となります。

当店の印刷はオフセット印刷です。(一部例外もございます)