よくあるご質問 FAQ

窓フィルムと加工について教えてください。

窓フィルムは大きく分けて3種類お取り扱いしています。
  • 「セロファン窓」→ 透明なセロファンを使用します。
  • 「グラファン窓」→ 半透明なグラシン紙を使用します。紙製のため廃棄時に分別不要です。
  • 「PET窓」→ 見た目は「セロファン」と同じですが耐熱に優れ、レーザープリンターでの対応が可能です。

オーダーメイドで窓付き封筒を作成する場合

「セロファン窓」、「グラファン窓」、「PET窓」はそれぞれ金額が異なります。
ご依頼によりお見積致します。 ※窓に何も貼らないオープン窓は、製造上の理由で通常お請けしておりません。
ただ、位置や大きさによっては可能な場合もございますので特にお探しの際はお問い合わせください。
(テストなどのお時間を頂戴する場合がございますのであらかじめご了承ください)

既製封筒(ショッピングカートからご注文いただける封筒)の場合

既製の窓付き封筒の多くはセロファン窓です。特に注記がない場合は、セロファン窓とお考えください。
グラシン窓のお品は、商品ページにその旨記載いたします。

窓フィルムを貼らない加工について


窓に何も貼らないと、サイズや位置によっては下記のように、機械加工が難しくなるため、事前のテストやご相談が必要になります。
納期やロット数によっては、手貼りという選択肢もあります。

機械で貼る場合…

窓にセロファンやグラシン紙を貼らないと、穴の周囲がたわみやすくなります。
たわむと、歪んだりローラーに引っかかって、きれいに紙を送れません。
(プリンターでの給紙をイメージしていていただくと、分かりやすいかと存じます。)

位置や大きさにより問題ない場合もあれば、工夫してクリアできる場合もあります。
コストダウン目的ではお勧めいたしかねますが、
お時間を頂戴でき、(特殊な紙の場合は)テストのための紙代実費をご負担いただける場合は、可否を確認しお見積いたします。

お問い合わせフォームより、ご相談くださいませ。