よくあるご質問 FAQ

こちらが用意した紙で、封筒製作できますか?

はい、当工場で加工できる紙ならは承ります。 刷本(刷了紙)にも対応しています。

お見積


封筒シミュレーターをご利用の場合

  1. 1、紙を選択する画面で、「お客様ご用意」をお選びください。
  2. 2、備考欄に、紙名と紙厚を記載ください。
  3. 3、和紙や輸入紙など、見本を入手することが難しい紙の場合は、恐れ入りますが見本をお送りくださいますようお願い申し上げます(加工可能か否かを確認いたします)。
  4. 4、展開サイズ・必要枚数を付記したお見積書をお送りいたします。

印刷済の紙をお送りいただく場合(刷本/刷了紙支給)


  • 必ず原稿(折り位置・断裁位置が分かるよう封筒の図も合わせてプリントしたもの、またはPDFファイル)をご用意ください。
    トンボはあると助かりますが、丁付などの理由で印刷するスペースがない場合は結構です。
  • 展開図は無料でお送りいたしますので、ご希望の際はご連絡ください。
  • 印刷原稿の作成時には、封筒特有の注意点がいくつかございます。
    印刷前にデータをお送りいただけましたら、確認しご連絡いたします。

    事前に原稿を当店で拝見していない場合、必要箇所が隠れる・糊がつかないなどのトラブルが生じましても責任を負いかねます。
    あらかじめご了承くださいますようお願い申し上げます。
原紙ご支給の際の注意点
  • ご注文金額に関わらず、紙の送料、及び封筒の納品送料をご負担くださいますようお願い申し上げます。
  • お見積時点では、紙のご指定なくても結構です。ご注文をお請けできるは加工可能な紙であるかの確認できてからになります。
  • 紙目のご指定がない場合、縦目(紙の目が、封筒の頭から底に向かう)で作成いたします。
    紙の柄にあわせるため、丁付枚数を増やすといった理由で横目での作成をご希望の際は、必ずご連絡ください。
  • 必要予備枚数は、やや余裕をみた枚数をご連絡いたします。
    多く上がりましたら合わせて納品いたしますので、あらかじめご了承ください。

※枚数が多い場合や、定期的なご依頼を想定されている場合は、当店の封筒製造工場である「封筒工房(緑屋紙工株式会社)」をご紹介させていただく場合がございます。