金・銀・白印刷

金・銀・白印刷は当店でも人気が高い印刷です。高級感があり、スタイリッシュな仕上がりになるため、ブランドイメージを表現したり、印象に残る封筒を作成したりする際にはぴったりな印刷と言えます。箔押と比べると輝きは落ちますが、費用を抑える事ができる点も強みの一つです。

金・銀・白印刷

金印刷

通常のインクとは異なり、濃い紙色にも負けない強さがあります。はっきりとした仕上がりの金・銀インク、透け感がある白インク。インクごとに特色があるため、どのインクを選択するかで、見た目のイメージが大きく変わります。

金・銀・白印刷は通常の2色分の料金が加算されます。

印刷方法

金銀白印刷方式

オフセットにて印刷するため、他のインクと同じく濃度を薄めて印刷する事が可能です。濃度を薄めた部分は網点(細かな点)での表現となります。
印刷インクは下記4色よりご選択ください。

  • 赤金(DIC619)
  • 青金(DIC620)
  • 銀(DIC621)
白インク
白インクの注意点

白インクは金・銀ほど不透明ではないため、紙色が透けて見えます。例えば黒い封筒へ印刷した場合はグレーがかった色味になります。それをあえてデザインに生かすと、独特な雰囲気の封筒が仕上がります。逆に白をくっきりと表現したい場合は、白い紙に黒を塗りつぶしたり、箔押をおすすめしております。

紙色

濃いお色の封筒

黒封筒への印刷が多いですが、紺色や濃いグリーンなど、濃色封筒への印刷も映えます。逆に白い紙など薄い色紙に印刷する際は、金や銀インクの輝きが落ちてしまいますので、黄土色や灰色の様に見えてしまう事がございます。

インパクト

DMや招待状というのは受け取った方が興味を持たれないと、開封されないことが多々あります。そのため、最初に受け取ったときのインパクトという点で、封筒のもつ役割というのは非常に重要になってきます。 最初に手に取ってもらえる封筒にするための方法は色々とありますが、「金・銀 印刷」や「黒い封筒」ですと紙の色と印刷色で大きなインパクトを与えることができ、かなり効果的な方法です。 封筒単価を下げて件数を増やすか、封筒単価を上げて開封率を上げるか、封筒のデザインにより戦略も変わってきます。