頭ベタ印刷

「頭」とは、いわゆる「フタ」のことです。(「フラップ」や「ベロ」といった呼び方もあります。)
フタ全面を塗りつぶす印刷を「頭ベタ印刷」と呼びます。

特注製作でのみ製作可能と思われがちですが、既製封筒へ頭ベタ印刷する事も可能です。

頭ベタ印刷

頭ベタ印刷

フタの部分だけに色をつける印刷で、シンプルな方法のようですが意外に目立つので人気があります。社名や住所のみのシンプルな封筒でも、少しの加算でまったく印象の違う、素敵な封筒を制作することができます。

単色の印刷でも印象がずいぶんと変わるので、封筒にデザイン性を持たせたいけれど予算的に難しい、なるべく少ない予算でオシャレな封筒を作成したいときなどには便利です。

既製品への印刷は頭ベタ代が加算されます。

頭ベタ印刷ワンポイント

頭ベタ印刷変形

全面塗りつぶすだけではなく、ロゴマークをワンポイントで白く抜いたり、ベタ部分の形を変形させる事により、印象に残る封筒を作成する事が可能です。

頭ベタ印刷汚れ
頭ベタ印刷の注意点

既製品封筒に頭ベタ印刷をすると、頭の裏側と、頭の付け根の両フチに汚れが生じる場合がございます(ほとんど汚れずに仕上がる場合もございます)。
あらかじめご了承くださいますようお願い致します。

既製品の印刷範囲について

印刷範囲注意点

フタ部分は端までの印刷が可能ですが、既製品の場合、封筒の下を咥えて印刷するため、下端への印刷はできません。封筒下部にベタがあったり、底の塗りつぶしがある場合は、特注製作となります。