封筒豆知識

紙の目(縦目と横目)

紙の繊維の向いている方向を紙の目といい、紙の長辺に目が平行であれば縦目、短辺に平行していれば横目といいます。

封筒は縦目で作る方が仕上がりはきれいです。たとえば、紙は目に対して非常に折り曲げやすく、きれいに裂きやすい性質があります。このことは、印刷や製本にする際に重要になり、ほとんどの本や雑誌は上下に対して目が平行になっています。

紙の規格寸法

名称 寸法(mm) 面積(m²)
A列本判 625×880 0.550
B列本判 765×1085 0.830
菊判 636×939 0.597
四六判 788×1091 0.860
ハトロン判 900×1200 1.080

紙の単位

紙を数えるには「連」(R) という単位がよく使われます。
四六判、ハトロン判など規格寸法の洋紙1,000枚を1連(1R)といいます。たとえば、500枚なら0.5連のように表します。
連量(kg)
1連(1000枚)あたりの重さをkgで表します。
連量(kg)が同じでも、紙の規格サイズによって面積あたりの重さは異なるため、注意が必要です。
米坪量(g/m²)
1平方メートルあたりの重さをgで表します。
連量と違って同一面積あたりの重さなので、同種の紙の厚さの比較に適しています。当店の商品情報に掲載している「紙厚」欄の数値は、この米坪です。
一般的に米坪の大きい=重い紙は厚い紙、小さい=軽い紙は薄いといえますが、同じ連量でも紙の種類によって厚さはさまざまです。
【参考:連量から米坪量を計算する】
米坪量(g/m²)= 連量(kg)/(用紙の横寸法(m)× 用紙の縦寸法(m))

たとえば、
四六判90kgの米坪(g/m²)は、90/(0.788×1.091)≒105g
菊判62.5kgの米坪(g/m²)は、62.5/(0.636×0.939)≒105g
上記の二種類の紙は、同じ厚みということになります。
米坪←→連量 表記比較表
米坪
(g/m²)
  A列本判
(kg/連)
B列本判
(kg/連)
菊判
(kg/連)
四六判
(kg/連)
ハトロン判
(kg/連)
50g 27.5kg 41.5kg 29.9kg 43.0kg 54.0kg
60g 33.0kg 49.8kg 35.8kg 51.6kg 64.8kg
70g 38.5kg 58.1kg 41.8kg 60.2kg 75.6kg
80g 44.0kg 66.4kg 47.8kg 68.8kg 86.4kg
100g 55.0kg 83.0kg 59.7kg 86.0kg 108.0kg
120g 66.0kg 99.6kg 71.7kg 103.2kg 129.6kg

▼お知らせ

★。・:*:・゚'☆♪・:*:・゚'★.。・:*:・
封筒アウトレット
:*:・゚'★.。・:*:・゚'☆♪・:*:・゚★
Yahooオークションに
出品しています!