OKフロートやOKムーンカラーで活版印刷

現在ではオフセット印刷が主流となっているものの、昔は活版印刷によって印刷物が作られていました。

活版印刷とは、金属や木でできたハンコのようなもの(活字)を並べてインクを付け、
そこに紙をのせて圧力をかける事で文字を刷るという印刷方法です。
「活字を押し付ける」ことで紙に凹みができる点や、文字の輪郭が少し濃くなる点が
活版印刷の特徴であり、独特の雰囲気を生み出しています。
この活版印刷独特の風合いを好み、
名刺や招待状などを活版印刷で作られる方も近頃は多いようですね。

そんな活版印刷に近いのが、ホットスタンプ(箔押し)空押しです。
ホットスタンプとは、凸版を使って熱と圧力を加えながら箔を転写させるという加工法で、
活版印刷のように凹みができます。

空押しは、ホットスタンプと同じように凸版を使って熱と圧力を加える事で凹みを作る加工法ですが、
箔は使用しませんので純粋に凹みだけが作られます。
活版印刷もホットスタンプも空押しも、いずれも完成すると凹みができますので、
使用する紙はコシとある程度の厚みがあり、表面が柔らかな紙を使うのが良いでしょう。

OKフロート

空押しにおすすめな紙というと、OKフロートやOKムーンカラーがそうでしょう。
OKフロートもOKムーンカラーもどちらも空押しを施すと、空押しによる凹みの部分が
少し変色するのが特徴です。

合成繊維を漉き込むことにより、このような特性が生まれるのです。
OKムーンカラーはベースがOKフロートですが、片面にパール加工が施されており、
きらきらとした輝きを持っています。

OKムーンカラー-ライトパープル (OKムーンカラー ライトパープル)

封筒屋どっとこむでは、用途や内容物に合わせて多種多様な大きさや形、素材、加工などの
オリジナル封筒をお作りしております。
オリジナル封筒の作成でも、ホットスタンプや空押しといった加工を施すこともできますので、
まずはお気軽に封筒屋どっとこむまでお問い合わせください。

封筒屋どっとこむでの「箔押し」加工を施した作品事例一覧はこちら