封筒印刷よもやま話

オリジナル紅茶の包み紙のご提案

封筒と言えば、一般的な茶封筒などを思い浮かべませんか?
パッケージ袋や包み紙などに利用されているものも、封筒と言えば封筒ですよね。

そうしたものも含めると、封筒には様々な使い方があります。
そんな中から今回はオリジナル紅茶の包み紙をご提案したいと思います。

オリジナル紅茶の包み紙ですが、まず形にも色々な物がございます。
マチのない袋もあれば、マチつきのものもありますし、チャック付きのスタンド袋というのも便利ですね。
陳列の際にフックにかけて吊るせるよう、穴の開いたタイプにするという方法もあります。

素材に関しては紙にも色々な種類がありますし、ナイロンフィルムなどを使う事もできます。
中身を見えるようにしたい場合にも、確認用として小さな窓を付ける方法もあれば、
透明フィルムを使って全体を透明にするという方法もあります。
後者は特に花びらが入ったハーブティーなど、見た目の華やかなものに向いていますね。

オリジナル紅茶の包み紙のご提案を元に、皆様もぜひオリジナルパッケージをお考えになってみては
いかがでしょうか。
また考えたアイデアを実際に形にしたいという時には、ぜひ封筒屋どっとこむをご利用ください。

封筒屋どっとこむでは一般的な封筒をはじめ、用途や内容物に合わせた様々な大きさや形、素材、加工などの
オリジナル封筒の作成を行っております。
作成の際にお悩みなどがございましたら改善方法などをご提案いたしますので、
オリジナル封筒をお作りになる際にはお気軽にご相談ください。