封筒印刷よもやま話

靴下を入れるマチ付封筒

封筒は様々なお店でパッケージ袋としても利用されており、封筒専門店封筒屋どっとこむでも多くの
パッケージ袋のご注文を数多く頂いております。

パッケージ袋と言っても、厚みのある物を入れるのであればマチをつけたり、
中身が見えるように窓をつけたり、どんなものを入れるかでその形や大きさ、素材、加工などは様々です。

靴下を入れるマチ付封筒01 靴下を入れるマチ付封筒02

では靴下を入れるパッケージ袋の場合、どのような形が良いのでしょうか?
靴下にも様々なものがありますが、長さや素材によっては折り畳むとかなり厚みがでるものもありますから、
マチ付封筒にするのが良いでしょう。

また全体の色合いや柄などが分かりやすいよう、大きめの窓を付ける事も重要です。

さらに靴下を入れるマチ付封筒の場合、実際にその手触りを確認できるように大きめの窓とは別に
小さな窓を付けるようにすると良いでしょう。
透明のフィルムを貼った大きな窓とは異なり、小さな窓にはフィルムを貼らずに
単に穴を開けたような形にする事で、中に入っている靴下を直に触ることができるようになります。

衣料品の場合は特に、実際にその手触りなどを確認したいと思うものですから、
こうした気遣いは商品を手にするお客様に喜ばれる事でしょう。

またこのような靴下を入れるマチ付封筒だけでなく、封筒屋どっとこむでは多種多様なオリジナル封筒や
パッケージ袋などの作成をオーダーメイドで承っておりますので、御入用の際にはぜひ封筒屋どっとこむを
ご利用下さい。