OPP封筒・CPP封筒

OPPとCPP

「OPP封筒」「CPP封筒」は簡単に言えば、透明な封筒です。
ビニール封筒という名前で販売されている場合もありますが、実際はビニール素材は、現在ではダイオキシン発生問題から、ほとんど流通しておりません。
※OPP・CPPともに、ゴミ焼却時にダイオキシンが発生しません。

「OPP」と「CPP」はともに「ポリプロピレン(PP)」の仲間ですが、製造方法が異なり、性質も異なります。

OPP = Oriented PolyPropylene(二軸延伸ポリプロピレン)
ポリプロピレンをタテヨコ2方向に延伸し、熱で固定したフィルムです。そのため、引っ張っても殆ど伸びない強度があります。CDのジャケット袋やアクセサリーなどの小物入れによく利用されています。

CPP = Cast PolyPropylene(無軸延伸ポリプロピレン)
ポリプロピレンを伸ばさないで成型したフィルムです。そのため、引っ張ると伸びますが、丈夫です。重いダイレクトメールなどに最適です。
簡単なイメージですと、「OPP=パリっとしている」「CPP=やわらかい」となります。

  OPPの特徴

  • 透明度、光沢に優れている。
  • 引っ張り強さ、引き裂き強さが高い。
  • 防湿性、耐水性に優れている。
  • 耐熱性に優れている。
  • 耐油性に優れている。
  • 耐ボイル性に優れている。
  • 裂け目から裂けやすい。
  • 印刷インクの発色が良い。

  CPPの特徴

  • OPPよりやや劣るものの、光沢があり、透明性が高い。
  • やや柔らかく、引っ張ると伸びる。
  • 引っ張り強さ、引き裂き強さに優れる。
  • 130度以上の耐熱性がある。
  • ボイル耐性がある。
  • 防湿性、耐水性に優れている。
  • 耐油性に優れている。
  • 印刷インクの発色が良い。

OPP封筒

OPP封筒写真

フィルム封筒は透明で中の見える封筒です。
ツヤがあり、中の広告や品物をキレイに見せてくれるので、お客様の反応がよくDM(ダイレクトメール)に適しています。

OPP封筒の既製品

封筒で一般的なサイズである長3や角2など、様々なサイズの既製品があります。
あらかじめ色々な用途に合わせて印刷されているものもあります。
(〒枠印刷、表面全面ベタ印刷、窓風印刷、透けにくい印刷、など)

OPP既製封筒への印刷

オフセット印刷が可能です。
既製品は底から8mm、サイド端から1mmが印刷不可範囲となります。

OPP・CPP封筒の特注製作

既製品にないサイズや、CPPを使用する場合でも、特注でお作りすることが可能です。
特注製作では頭あり・なし等もお選び頂けます。

※特注製作の場合、枚数が少ないほど単価が割高となり、枚数が多いほど単価がお安くなります。

OPP・CPP封筒のお見積をご希望の際は、下記フォームより仕様をご指定頂き、最後にお客様の情報をご記入頂く画面の「備考欄」へ、OPP・CPPご希望の旨をご表記ください。

お見積りのご依頼はこちらから     ⇒ お見積りご依頼フォーム
仕様に関するお問い合わせはこちらから ⇒ お問い合わせフォーム
TEL:0120-17-2108 FAX:06-4302-7741
お電話お問い合わせ受付時間:月〜金 9:00〜17:00(祝日除く)

▼お知らせ

★。・:*:・゚'☆♪・:*:・゚'★.。・:*:・
封筒アウトレット
:*:・゚'★.。・:*:・゚'☆♪・:*:・゚★
Yahooオークションに
出品しています!